中古車販売店のデメリット

販売店によって車の状態に差がある

中古車の購入で専門店を利用する人は多くいます。中古車販売店の利用にはメリットも多い反面、デメリットもいくつかあって、その一つが車両の状態のバラつきです。特定のメーカーの車だけを取り扱っているディーラーの場合、例え中古車でもトラブルが起きれば企業の信頼に影響を及ぼしかねません。そのため、メーカーから指定された方法でメンテナンスをした上で販売することが義務付けられています。一方中古車売店はメンテナンスに指定はなく各店舗の判断に委ねられているので、不具合のリスクが高いまま販売されるケースも少なくありません。ボディや内装と違ってエンジンを始めとしたパーツ類は目視できないため、信頼性を判断がしづらいのが中古車販売店のデメリット言えます。

販売価格の適性を見極めづらい

メーカーの希望小売価格で販売される新車と違って、中古車は金額に明確な規定はありません。そのため、年式や走行距離、パーツの使い込み具合などからそれぞれの業者が独自に判断して決める形となっています。同程度の状態の車でも店舗によって金額が数万円以上違うのはこれが理由です。車についての知識が豊富な人であれば様々な情報から販売価格の適正を見極めることはできますが、素人には難しい作業と言えます。業者の中にはこうした知識のなさに付け込んで高値で売りつけようとする所も多いのが実情です。購入を希望している車の適性を見極めづらいという点は中古車販売店を利用する数少ないデメリットと言えます。不安に感じる人はインターネットなどで相場を確認しておくことが大切です。

中古車のリースは、予算の都合で社用車の購入が難しい企業を中心に導入が進んでおり、契約先によりますが、数年おきに新しい車種を選べるというメリットがあります。